「AGA治療薬(ハゲ・抜け毛・育毛)」の記事一覧

エフペシア(fpecia)

f-pecia1

エフペシアとは男性脱毛症の治療薬として医師で処方されているプロペシアのジェネリック医薬品です。通常の男性脱毛症の治療薬は保険適用外ということもあり、非常に高額になりがちですがエフペシアはジェネリック医薬品ということもあり、安価で利用しやすいのも特徴です。

フィナステリド(finasteride)

finasteride1

フィナステリドは2005年に承認を受けて、人気となっている脱毛症患者に処方されるAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。もともと前立腺肥大の薬として使用されていましたが、脱毛症にも効果があることが認められ、現在は脱毛症の脱毛作用の抑制効果がある薬として処方されています。

ツゲイン(tugain)

tugain2

ツゲインは、アメリカのジョンソン&ジョンソン社製の、ロゲインのジェネリック薬品です。ミノキシジルを含有した塗布タイプの育毛剤で、おもに頭頂部の薄毛に対して効果があるといわれています。
ミノキシジルの成分は、頭皮の毛細血管を拡張し、血液の巡りを改善することによって育毛を促す仕組みです。

プロスカー(proscar)

Proscar5

プロスカーとは、フィナステリドを配合している有名なAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。有効成分フィナステリドはもともと、前立腺の治療に使うため開発されていましたが、その後の研究にてAGA、つまり男性型脱毛症に対して効果があることがわかり治療薬として使用されるようになりました。

フィンペシア(finpecia)

finpecia

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)に効果的なお薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。有効成分のフィナステリドが男性脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロンを生成する2型5aリダクターゼの働きを抑制し、AGAに対して非常に有効であるとされています。

ロニタブ(lonitab)

IP480230

ロニタブは男性型脱毛症と呼ばれるAGA症状に効果的なお薬です。主に身体の血管の拡張により、育毛を促進するための経口薬で、ファイザー社の製造する『ロニテン』のジェネリック医薬品です。頭皮に塗布する外用ミノキシジルと異なり、このロニタブは、血液に乗って体内循環されることによる高い発毛効果が特徴です。

プロペシア(propecia)

propecia1

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に効果的なお薬です。

アメリカで開発された薬であり、主成分であるフィナステリドの名前でも呼ばれることが多いです。男性型と言うだけあって、男性にのみ効果を発揮します。毛髪の成長期を長くし、髪の毛に太さと長さを持たせ、頭部の脱毛を改善させることが出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ