アバナ(avana)

avana100

サンライズレメディ社が開発した勃起不全改善薬で、第4世代の勃起薬としての呼び声高いお薬「ステンドラ」のジェネリック医薬品がこのアバナです。
有効成分をAvanafil(アヴァナフィル)としており、今までに販売されたED治療薬であるバイアグラやシアリス、レビトラといった薬それぞれの良い部分が出るよう開発された薬です。
食事の影響を受けやすかったこれまでのED治療薬に比べ即効性が高く、食事影響の受け方や、勃起力や勃起の持続性に対してのバランスが良いとされています。

アバナの効果

アバナの有効成分はAvanafil(アヴァナフィル)です。アバナというお薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスを試したが効果がなかった、という方にも効果が期待できる勃起薬です。
シルデナフィル(バイアグラ主成分)タダラフィル(シアリス主成分)バルデナフィル(レビトラ主成分)等と同じく、勃起を阻害するホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)酵素の働きを抑制し、血管を拡張させるように作用しペニスの勃起を促進してくれます。

即効性と、食事に作用されにくいという特徴があり、さらに早漏防止(プリリジー)効果にも効果が期待できます。
バイアグラは服用後30分~1時間が必要とされるところ、アバナは勃起効果の即効性が高いため、服用後に効き目が早く感じる方ですと、15分以内に勃起症状が現れます。
今までのED治療薬よりも食事の影響を受けにくいため、食前後問わず服用することができるお薬です。

アバナの服用方法

1日1回100mgを性行為の約30分前に経口服用します。
早い人だと最短15分で効果が現れます。
効果や耐容性に応じて50mgに減量したり、効果が弱いと感じ場合は200mgまで増量することが可能です。
服用の間隔は24時間以上必要となります。
初めてご利用の方は、ピルカッター等で割って半錠からの服用をオススメしています。 /p>

空腹時のほうが効果は上がりますが、食後に服用しても効果をしっかりと発揮してくれるのがアバナの特徴です。
その場合、食べ過ぎは避け、腹7~8分目で食事を終えるようにすると良いでしょう。

アバナの副作用

副作用の少ない勃起不全治療薬として開発されたため、副作用は比較的少ないですが、人によっては皮膚発疹などのアレルギー症状、顔のほてり、血管の拡張作用による頭痛、動悸、血圧低下によるめまい、消化不良が報告されています。
その他には、鼻づまり・背部痛・吐き気などの症状があります。

効果時間である6~8時間をこえても副作用がひどい場合は、医師に相談してください。

服用後しばらくの間、車の運転には十分注意して下さい。

アバナの注意点

服用する際に狭心症薬などに含まれるニトログリセリンとの併用は避けなければならず、心臓への負担がある他、血圧の著しい降下が見られる場合があります。

また、心臓疾患がある場合や心臓疾患に過去にかかったことがある場合には服用に注意が必要なためかかりつけ医へ相談してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ