アジー(azee)

アジーの主成分アジスロマイシンは性感染症による菌を治療する薬です。

アジーは、マクロライド系の抗生物質で細菌の繁殖に必要なたんぱく質の合成を阻害し、増殖を防ぐ働きをする抗生物質です。

インフルエンザ菌などの一部の感染症にも効果的です。

また、マイコプラズマや淋病・クラミジアといった性感染症の治療は特に効果が高いものです。

呼吸器や皮膚、耳、鼻などの感染症にも効果があり、アレルギーを起こすこともなく、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーがある人も使えます。

作用時間が非常に長い抗生物質ですので短期の服用で長い時間効き続けます。ジェネリック医薬品ですが、価格は安く先発医薬品と同様の効果が得られます。

また、犬の歯周病、蓄膿症、皮膚炎等にも効果的です。

アジーの服用方法

1日500mgを上限として、食後2時間以上もしくは空腹時に服用して下さい。

250mgは1日2回服用して下さい。

500mgは1日1回服用して下さい。

最も人気の高い1000mgは、3日に1回服用して下さい。

抗生物質ですので、クラミジア・淋病・梅毒等の性感染症にはもちろん、歯肉炎や、扁桃腺の腫れ、膀胱炎、インフルエンザ予防としてもお使い頂けます。

特に性感染症の場合女性には症状が現れにくいため、おりものや異臭・かゆみなどを感じたときにお使いいただくと、早期治療ができます。

アジーの副作用について

副作用は吐き気、胃痛、下痢などが報告されています。

あまりにも副作用が重い場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

偏頭痛の治療薬を服用している方は、効果が薄くなるため併用しないでください。

アジー服用の際の注意

アジーは抗菌薬のため、ウイルス感染病には全く効果がありません。

長期的に服用しても効果が得られない際は、ウイルス感染による病気の可能性も考えられます。

その場合はすぐに医師に相談し、診察を受けましょう。クラミジアや淋病といった、病原菌による性感染症薬として、一般的に広く知られるお薬ですが、ウイルス感染による性病には効果がないため、ご注意ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ