シアリス(cialis)

シアリスは、バイアグラ・レビトラと共に「3大ED治療薬」とも呼ばれる有名なED治療薬です。

この医薬品の主成分はタダラフィルであり、その主成分はバイアグラやレビトラとは異なり、約36時間と効果時間が長いのが特徴です。

金曜の夜に飲めば日曜日まで効果が継続することから別名「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

日本イーライリリー社から「ザルティア」という名前でシアリスと同成分のED治療薬も出ているほど日本でも知名度があります。

その効果時間の長さと、バイアグラなどのように食事の影響を受けにくいことから、現在とても人気のあるED治療薬です。

シアリスの効果

前述したようにその効果時間は36時間ととても長く、食後に服用しても効果を発揮してくれます。

そのため服用時のタイミングや、薬効が切れる前に性行為を終わらせなければいけないといった心配を大きく軽減することが期待されます。

シアリスの登場により、焦りやプレッシャーを感じることなく、EDに罹患する前のような自然体で受けられるED治療が可能になりました。

とはいえ36時間勃ちっぱなし、というわけではなく、性的刺激を受けない限りは勃起しませんので、安心して服用することができます。

また、バイアグラが空腹時に服用しなければならないのに対し、シアリスは食事の影響を受けにくいとされています。

メーカーの発表によると800kcalまでの食事であれば影響はありません。

ただし、バイアグラやレビトラと同じくシアリスも空腹時に服用した方が体内への吸収が早いため効果も鋭く明らかに速効性があるのは確かです。

シアリスの服用方法

性行為をする3~4時間前に飲んで下さい。
人によって、又はその時の体調によって吸収の速度が1~4時間と幅があります。

個人差はありますが、シアリスは効果時間が長いかわりに効果が発現するまでに時間がかかるとも言われています。

食事の影響を受けにくいとされているシアリスですが、やはり空腹時の服用のほうが身体に吸収されやすく、メーカーも800kcalまでなら問題ない、と指定しています。

性行為前に食事の予定がある場合は、食事の2時間ほど前に服用しておけば、体内に成分が吸収され、食後でもきちんと効果を発揮してくれます。

食後に服用する場合は、食後2時間以上おいてからの服用をおすすめします。

シアリスの副作用

シアリスの副作用は、バイアグラなどに比べて比較的軽度であり、マイルドな効き目であると言われています。

それでも副作用が全く無いというわけではなく、頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、背部痛、筋痛、鼻づまり、四肢痛などが3割程度の方に現れるようです。

頭痛や鼻づまりが気になる人は頭痛薬や鼻炎薬を併用しても問題ありません。

軽度の副作用でしたら、効果が発現したのだ、程度にとらえて頂いて構いませんが、あまりにも酷い副作用が現れた場合は医師の診断を受けましょう。

シアリスの注意点

多くのED治療薬と同じく、シアリスもまた、あくまで血流改善によって勃起を補助するお薬なので、服用しても性的刺激、性的興奮がなければ勃起しません。

服用して薬が体内に吸収されただけでは勃起はしません。

精力剤や、媚薬では無いのです。

シアリスを長期間服用を続けることで体に抗体ができて効きに難くなるようなことはありません。

ただしEDの要因になっている疾患(糖尿病、高血圧、高脂血症)や加齢が進行すれば「昔より効かなくなった」と感じることはあります。

それは決してED治療薬の効力が弱くなったわけではありません。

シアリスは医薬品です。
併用禁忌薬もあるため、持病や常用している薬がある方はきちんと確認してから服用しましょう。

シアリスの購入方法と偽物について

シアリスは国内の医療機関もしくは個人輸入等の通販で購入ができます。

保険適用外のため、4錠で1万円程度が相場と、なかなか高価なものです。
そこで安価に購入するためには、個人輸入の通販をおすすめします。

ただしシリアスも有名なED治療薬のため、偽物が多く出回っているのも事実です。
シアリスにはタダラフィル成分5mg配合もしくは、10mg、20mg配合のものしかありません。
バイアグラには50mgや、100mgなどもありますが、シリアスにはありませんので注意してください。

信頼のできる個人輸入サイトを利用するか、更に安価なシリアスのジェネリック医薬品を購入するのもひとつの安全な方法です。
シアリスのジェネリック医薬品なら、半分~1/3程度の価格で購入することができます。

ED治療薬には様々な種類がありますので、生活スタイルや、体質に合わせて、自分に合ったものを探していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ