フェミロン(femilon)

フェミロンは、女性が使用する避妊薬で、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを成分としている低用量タイプの、オーソセプト/マーシロンのジェネリック商品です。

フェミロンは、ほかのピルよりも女性ホルモンを抑えているので、避妊薬の中でも体への負担が少なく、副作用が出にくいという特徴を持っています。
視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を促します。
疑似妊娠状態と身体に錯覚させることで、避妊効果をもたらします。

さらにこれだけではなく、生理痛や生理不順を改善することができます。また、ニキビやムダ毛の改善、更年期障害を軽減する、バストアップ、卵巣がんの予防ができるなどの効果があります。

フェミロンの服用方法

フェミロンの使用方法は、1日1錠を水と一緒に服用することです。生理1日目に服用し、そして毎日同じ時間に服用することで、さらに効果は高まります。

フェミロン21錠がセットになっており、21日分あるので、これをすべて使用したあとは、必ず7日間服用を休みその後また、21日服用しましょう。後はこれの繰り返しです。
飲むのを忘れなければ、その避妊率は、99.9%あり、非常に高い避妊率持った薬であるといえます。

フェミロンの副作用

基本的に副作用は出にくい薬ですが、使用者の体質により、頭痛、胃のむかつき、体重が増えてしまう、胸の緊張感などが起こる場合もあります。

しかし副作用が出てしまっても、2シート、3シートと飲み続けるうちに薬に身体が慣れてくるので、数ヶ月程度で改善できます。

フェミロンの注意点

フェミロンを含めたピルの服用には、血栓症のリスクが高まる、という場合があります。
これは、ピルに血液の粘度を高める効果があるためです。
血栓症の発現リスクは、年齢や喫煙と深く関係しているため、40歳以上の人や、タバコを吸う人は、使用前に医師の指示に従いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ