フィナステリド(finasteride)

finasteride1

フィナステリドは2005年に承認を受けて、人気となっている脱毛症患者に処方されるAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

もともと前立腺肥大の薬として使用されていましたが、脱毛症にも効果があることが認められ、現在は脱毛症の脱毛作用の抑制効果がある薬として処方されています。
現在では世界60カ国以上で使用実績があり、日本でも2005年からMSD株式会社(旧・万有製薬)から「プロペシア」の名称で発売されています。

フィナステリドは男性ホルモンであるテストステロンを脱毛の主用原因であるジヒドロテストステロンに変えてしまう酵素の働きを阻害することで、脱毛症の進行を抑えて発毛の成長期を長くし、長く太い毛に成長するようにします。

フィナステリドの効果

国内の臨床試験の結果ではフィナステリドを1年間投与で58%、2年間で68%、3年間で78%の改善と、1年間投与で40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められており、両者を合算すると98%の方に効果があるとされています。

服用開始後は初期脱毛がみられる場合がありますが、健康な毛髪への生え変わりが始まったということなので、根気強く服用を続けてください。
また、フィナステリドは、早期に治療を始めるほど効果的なお薬です。
なんとなく毛髪が気になりだしたと思ったら、服用を始めましょう。

フィナステリドは、即効性のあるお薬ではありませんが、長期的に服用することで効果を発揮してくれます。
AGA治療は、根気強い継続治療が大切なのです。

フィナステリドは服用中には効果を発揮してくれますが、効果がみられたからといって服用を中止するとAGA症状が進行してしまいます。
AGA症状は継続治療が大切です。

フィナステリドの服用方法

通常、1mgを1日1回服用します。
服用する時間は毎日同じ時間にすると、より効果を得やすくなります。

症状などによって量は変更することができますが、1日1mgを上限とします。
また、錠剤を割って服用した場合の安全性と有効性については保証されていないため、行うべきではありません。

なお、フィナステリドは男性のAGAのみに効果が認められており、女性の脱毛症には効果が期待できないため、服用してはいけません。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは勃起不全や性欲減退などの性機能不全、うつ病や倦怠感などの精神的なもの、じんましんや掻痒感などの皮膚病、嘔吐や肝機能障害など内蔵不全、といった副作用が報告されています。
症状に気づいた場合には医師あるいは薬剤師に相談しましょう。

妊娠期および授乳中の女性がこの薬を服用すると、男子胎児の生殖器官などの発育に深刻な影響を与える場合があります。
成分に触れるだけでも影響の危険が心配されていますので、服用する場合、配偶者や恋人、また職場の人や、親族などに妊婦や、妊娠の可能性のある女性がいないか注意を払ってください。

また、フィナステリド服用中は、献血を行ってはいけません。
フィナステリドの成分が血中にも溶け出す可能性があり、献血した血液が妊婦や、妊娠の可能性のある女性のもとへ行かないようにするためです。

精液にも微量のフィナステリド成分が溶け出すという研究結果があるため、服用中の性行為についても、妊婦や、妊娠中の女性が身近にいる場合細心の注意を払いましょう。

フィナステリドの購入

フィナステリドは日本の医療機関でも取り扱われているプロペシアのジェネリック医薬品です。
医療機関での取り扱いはありませんが、個人輸入代行サイトで購入できます。

医療機関でプロペシアを購入するよりも安価に購入することができます。

AGA治療には長期的な継続治療が必要なため、治療費が高くついてしまう、ということもままあります。
フィナステリド成分で効果がみられたが治療費が高いのが気になる、という人は、安価なフィナステリドで継続治療をするのをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ