フィンペシア(finpecia)

finpecia

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)に効果的なお薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

もともと前立腺肥大の薬として使用されていましたが、脱毛症にも効果があることが認められ、現在は脱毛症の脱毛作用の抑制効果があるお薬です。
有効成分のフィナステリドが男性脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロンを生成する2型5aリダクターゼの働きを抑制し、AGAに対して非常に有効であるとされています。
フィンペシアのようなフィナステリド含有薬が現在では一番AGAに対して効果があるとも言われています。

このフィンペシアはインドのシプラ社が製造するジェネリック医薬品です。
実はこのプロペシアの製造特許が切れるのは2019年で、まだ特許は切れていません。
しかしこうしてインドのシプラ社が製造販売できているのは、インドの特許期間制限が世界基準とは違うためです。
インドの特許期間制限は短く、世界でまだ特許の切れていなお薬も、インドでなら製造販売しても違法とはなりません。
そのためインドではこのフィンペシアに限らず、様々なジェネリック医薬品が製造・販売されています。

そういった都合上、フィンペシアはまだ日本国内で認可されていません。
そのため、国内医療機関での購入はできず、個人輸入のネット通販でしか購入することはできません。
国内医療機関で処方されるものはプロペシアになります。

AGA治療は継続治療が大切です。
長く投薬し続けなければ効果は発揮されませんし、投薬を止めればまたAGA症状は進行してしまいます。
そのため治療費がかなり高額になってくることも考えられます。
そんな手痛い出費を少しでも抑えるために、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアが人気なのです。

フィンペシアの効果

フィンペシアを服用することにより、髪の毛の成長を止めて脱毛を促す成分の活動を抑えることができます。
これにより、髪の毛が太く長く成長してくれます。
この発毛・育毛効果は髪の毛のみならず、体全体におこるため、体毛が濃くなった、と感じる人もいます。
フィンペシアに即効性はありません。
AGA治療には根気強い、継続治療が大切です。早い人だと数週間~2、3ヶ月で効果を実感できる人もいますが、半年~1年しないと効果を実感できない人も多くいます。

しかしフィンペシアの有効成分フィナステリドの日本での臨床試験結果として、1年服用で60%の人に、2年で70%、3年継続すると80%の人に改善の効果がみられたとされています。
また、薄毛の進行を防ぐだけであれば、98%の人に効果があらわれています。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用としては特に重大とされているのは、妊娠中の女性のお腹にいる胎児への影響です。
これは服用者が男性だからといって、関係がない話ではありません。
服用者のそばに妊娠中、または妊娠の可能性あるの女性がいる場合は、服用する男性が気をつけなければなりません。

フィンペシアを含むフィナステリド含有医薬品には、妊娠中の女性のお腹にいる男の退治の生殖器に異常をきたすおそれがあります。
そもそもフィンペシアや、プロペシアといったAGA治療薬の薄毛治療効果は男性にのみ有効なので、女性には効果がありません。
それでも妊婦さん、特に男の胎児を持つ妊婦さんがプロペシアを服用するのは大変危険です。
また、成分に触れること自体避けるべきといわれています。
成分に触れてしまった場合医師に相談が必要になります。

錠剤の成分はコーティングされているため通常問題はありませんが、ふとした拍子に錠剤が割れてしまったり、ピルカッターなどで割錠して服用する場合など、近くに妊娠中の女性がいると危険です。
さらに、微量ですが、精液中にもフィナステリドは移行することがわかっています。
奥さんや彼女、職場や親族などに妊娠している可能性のある女性がいないか注意をしてください。

また、他の報告例としては男性でも乳がんの事例や、肝機能障害、過敏症、男性不妊症、睾丸痛、性欲減退、勃起機能不全などがあげられます。
フィンペシア服用中の献血はフィナステリド成分が血液にも循環しているため、献血も行わないでください。
もしも献血を行いたい場合は、フィンペシアの服用を1ヶ月以上中止すれば問題ないとされています。

フィンペシアの購入について

フィンペシアの購入は個人通販代行サイトなどでの通販で行います。

ただし、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品としてとても有名で、ネット上に偽物が多量に出回っている時期がありました。
現在はずいぶん偽物も少なくなりましたが少なからず、偽物を販売している悪徳な業者もあります。
これらの偽物を買ってしまわないためにも、いくつかの通販サイトで価格を比較し、異様に安い価格設定のフィンペシアは避ける、などしていきましょう。
偽薬は非常に安価に設定されていることが多いためです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ