エフペシア(fpecia)

f-pecia1

エフペシアとは男性脱毛症の治療薬として医師で処方されているプロペシアのジェネリック医薬品です。
もともと前立腺肥大の薬として使用されていましたが、脱毛症にも効果があることが認められ、現在は脱毛症の脱毛作用の抑制効果がある薬として処方されています。
通常の男性脱毛症の治療薬は保険適用外ということもあり、非常に高額になりがちですがエフペシアはジェネリック医薬品ということもあり、安価で利用しやすいのも特徴です。

成分はプロペシアをはじめとする他の男性脱毛症の治療薬と同じ有効成分であるフィナステリドを1mg含有しています。
そのため効果もほぼ同じと言っても過言ではありません。

また飲みやすい錠剤タイプな上、外観は男性脱毛症の治療薬とわからないため、ひと目を気にせず利用できます。
そのため愛用している人も非常に多い治療薬といえます。

エフペシアの効果

そもそも、AGA(男性型脱毛症)というのは、毛髪が本来のヘアサイクルよりも早く脱毛してしまう状態のことで、通常3年~6年だったヘアサイクルが数ヶ月から1年という短い期間で抜けてしまう症状です。
毛そのものも次第に細くなり、産毛のような毛がようやっと生えてくる程度になり、最終的に生えなくなってしまいます。

有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑える作用があり、男性型脱毛症の原因の一つであるDHTの産生を抑制することで、ヘアサイクルの期間を延ばし、抜け毛を防止します。
個人差はありますが、通常3ヵ月~6ヵ月の連日投与により効果が現れることが多いといわれます。

エフペシアの有効成分フィナステリドは、継続治療を続けなければ効果は現れませんが、継続して治療を続けることにより、98%以上の人に効果を発揮してくれる、AGA治療に大変効果的なお薬です。

エフペシアの服用方法

男性成人のみ服用してください。
20歳未満の未成年が服用した場合の安全確認はされていませんので、未成年は服用しないでください。

また、エフペシアはAGA症状(男性型脱毛症)にのみ有効です。
円形脱毛症や、抗がん剤などの投薬による脱毛、また女性の脱毛症には効果がありません。
女性はエフペシアを服用しないでください。

通常、1mgを1日1回服用します。症状などによって量は変更することができますが、1日1mgを上限とします。
1mg以下であれば問題ないのですが、効能を期待して服用量を増やして効果は期待できません。
逆に副作用がひどく出てしまう場合があるので容量を守りましょう。
服用の際、毎日同じ時間に服用すると、さらに効果が期待できます。

服用の際には、ジュースやコーヒーなどではなく、多めの水と一緒に服用することで最も効果が現れるとされています。

エフペシアの副作用

エフペシアに含まれているフィナステリドの副作用として、全身のだるさや肝機能障害が現れることがあります。
また、肝機能障害、食欲不振の症状があらわれる可能性があります。
異常を感じた場合は、すぐに医師へ相談して下さい。

妊娠期および授乳中の女性がこの薬を服用すると、男子胎児の生殖器官などの発育に深刻な影響を与える場合があります。
成分に触れるだけでも影響の危険が心配されていますので、服用する場合、配偶者や恋人、また職場の人や、親族などに妊婦や、妊娠の可能性のある女性がいないか注意を払ってください。

また、フィナステリド服用中は、献血を行ってはいけません。
フィナステリドの成分が血中にも溶け出す可能性があり、献血した血液が妊婦や、妊娠の可能性のある女性のもとへ行かないようにするためです。

精液にも微量のフィナステリド成分が溶け出すという研究結果があるため、服用中の性行為についても、妊婦や、妊娠中の女性が身近にいる場合細心の注意を払いましょう。

エフペシアの購入

エフペシアは、個人輸入代行サイトで購入できます。

日本の医療機関で処方してもらえる医薬品は、プロペシアのみですが、エフペシアはそのジェネリック医薬品なので、安価に購入することができます。

AGA治療で大切なのは、長期的に継続していくことなので、治療費を安く抑えたい、という人にエフペシアはおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ