ジネット35(ginette35)

ginette35

ジネット35は、シプラ社が開発した女性用ピルです。
低用量なので、小柄なアジア人でも安心して使用することができる、ダイアン35と同等成分のジェネリック医薬品です。

酢酸シプロテインを2mg・エチニルエストラジオールを0.035mgと2種類のホルモン成分が含まれています。
これらのホルモンにより、男性ホルモンアンドロゲンの影響を抑止することが可能で、排卵を停止させる効果を得ることができます。

また、避妊効果のほかにも、生理痛を軽減させたり、生理周期を安定させたり、ニキビの抑制、美肌効果なども得られたという例もあります。

ジネット35の効果

ジネット35の先発医薬品であるダイアン35は、もともと肌の治療薬として開発されたもので、使用者に避妊効果もみられたことから、ピルとしても普及していきました。
そのため、避妊効果のみならず、肌荒れやニキビ、特に脂漏症や炎症または結節の形成を伴う目立つニキビ、男性ホルモン性脱毛症、緩やかな多毛症などの、女性における男性ホルモンによる疾病にも効果があります。

ジネット35は、1相性ピルと呼ばれるタイプのピルで、1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン含有率が一定です。
他の有名なトリキュラーなどのピルは3相性タイプと言って、1周期のうちにホルモン量が3段階に変化しますが、ジネット35にはそれがありません。
そのため、錠剤の飲み間違えなどの心配がなく、服用が簡単です。

ただし、ピルの避妊効果が発揮されるのは、きちんと毎日同じ時間に服用し続けていた場合のみです。
飲み忘れなどがあると、避妊効果は得られません。
確実な避妊を望むのであれば、コンドームなどの避妊具と併用することが望ましいでしょう。

ジネット35の服用方法

ジネット35は他のピル同様、基本的には月経初日から、シートの錠剤を服用開始します。
そして毎日同じ時間帯に1錠づつ服用します。
1シート分、21日間の服用が終わったら7日間服用をお休みします(休薬期間)。
この間に疑似的な生理がやってきます。
休薬期間の7日間を終えたら、また新しいシートの錠剤を服用開始します。

服用開始を月経初日ではない場合も、毎日同じ時間に1錠服用し、21日続けたら7日間の休薬期間をとる、というのは変わりません。

月経初日からジネット35を服用した場合は、その日から避妊効果を発揮してくれます。
また、それ以外の日からジネット35の服用を開始した場合は、8日目以降から避妊効果を発揮してくれます。

月経日をずらしたい場合などにもジネット35は有効です。
ジネット35を服用しているあいだ、生理はきません。休薬期間にのみ月経は起こりますので、これを利用します。
例えば生理を早めたい場合は生理の5日目から2週間ジネット35を飲み続けます。するとそれから2~5日で生理がきます。
また、遅らせたい場合は、生理の予定日1週間前よりジネット35を飲み続けます。生理を遅らせたい日までジネット35は飲み続けてください。飲み終えてから2~3日で生理がきます。
ただし生理を遅らせたり、早めたりするためのジネット35の服用では避妊効果は得られない場合がありますので、避妊具を使うなどしましょう。

ジネット35の副作用

ジネット35は、低用量ピルと呼ばれるタイプのもので、比較的副作用も少ないものとなっています。

しかし、体質・体調によってはめまい、胃痛、嘔吐、乳房の張りなどの副作用が出ることもあります。
こういった副作用は、飲み始めの2~3か月でおさまるとは言われていますが、薬に身体が慣れずずっとつらい症状が続くなら、体質に合っていない場合が考えられますので、服用を中止してください。

また、ジネット35をはじめとするピルには、血液の粘度を上げる副作用があり、血栓症のリスクを高める恐れがあります。
喫煙者、40歳以上の方が、ジネット35を服用する場合は、必ず医師に相談しましょう。

ジネット35の購入について

ジネット35は、個人輸入代行サイトで購入できます。

ダイアン35のジェネリック医薬品であるため、安価に購入することができます。
ダイアン35を使用したことがある人や、ダイアン35を安価に試してみたい、という人におすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ