アイピル(i-pill)

アイピルは世界でもっともポピュラーな、モーニングアフターピルとも呼ばれる緊急避妊タイプのお薬です。

事後避妊薬、緊急避妊薬、Emergency contraception、Plan B、などとも呼ばれています。

うっかりコンドームをしなかった場合や、運悪くコンドームが破れてしまった場合など、望まない妊娠を避けるために性交後避妊をするためのお薬です。

ホルモン剤を飲むことによって、受精卵の着床を防ぎます。

普段コンドームを使っていて、妊娠を望まない場合、万が一のために手元に持っておくと安心できるかもしれません。

アイピルの避妊効果

アイピルの避妊効果は、24時間以内に服用した場合95%の成功率です。

72時間以内の場合は75%の成功率と言われています。

避妊失敗後、72時間(3日間)以内にアイピルを服用し、その12時間後に再度服用することによって、避妊効果を得られます。

この服用時間は、性交渉後から短ければ短いほど避妊効果が高まります。

これはかなり高い確率で避妊効果がある、ということではありますが、必ずしも妊娠しない、とは言い切れません。
確実に避妊を望むのであれば、普段から低容量ピルなどを服用しておくほうが確実であると言えます。

アイピルの服用方法

前述しましたが、アイピルは性交渉後72時間(3日間)以内に服用、が基本です。
この服用時間は、性交渉後からの時間が短ければ短いほど避妊効果の確率があがります。

アイピルのホルモンの働きにより、この後生理(月経)が早くやってきます。

アイピルの副作用

飲み始めから24時間以内に、吐き気、頭痛、胸の張り、不正出血等の副作用が見られます。

服用後3時間以内に吐き出してしまった場合、薬が吸収されておらず避妊効果が得られないと判断できますので、その場合はもう1錠服用してください。

アイピルの黄体ホルモンは強制的に生理を引き起こすといった作用があり体に大きな負担を掛けてしまいますので、通常のピルのように毎日の服用は避けてください。

アイピルの注意点

アイピルは緊急避妊薬です。望まない妊娠を緊急的に回避する場合のお薬であるため、常用するべきお薬ではありません。
これは、緊急用であるため、副作用が人によっては強く出る場合もあり、女性の身体に負担をかけてしまうためです。

もちろん妊娠してしまった場合の避妊手術に比べれば、アフターピルによる負担は随分軽いものと言えます。
そのため、避妊に失敗してしまった場合は、まずアイピルを服用してみることをおすすめします。

しかし、アイピルでも身体に負担はかかりますし、絶対に避妊しない、というわけでもありません。
本当に妊娠を望まないのあれば、きちんとコンドームを着ける、普段から低容量ピルを服用する、などの対策が必要であると言えます。

アイピルの購入方法

一般の婦人科系医療機関での購入が可能ですが、モーニングアフターピルの価格相場は1錠1万円~となかなかに高額なものです。
もちろん堕胎手術に比べれば安いものではありますが、避妊失敗後、となると緊急性が高い場合が多く、病院が休みで薬が買えない、という場合もあります。

そんな場合に備えて、個人輸入代行サイトなどでの通販をおすすめします。

アイピルの場合、通販サイトなら価格相場は2000円程度~と、医療機関で購入する場合より随分安く購入できます。
1回目の服用後12時間後にもう1錠服用しなければならないため、2錠は必要ですから、まとめ買いをすれば、更に安く購入ができる上に安心かと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ