レボクイン(levoquin)

レボクインは、菌の増殖を防ぎ最終的に菌を死滅させてくれる抗菌剤で、クラビットのジェネリック医薬品です。

性行為感染症(STD)から、細菌性の下痢などの症状まで広範囲に性病に有効なお薬です。細菌やウイルス、真菌(カビ)などの病原性微生物が引き起こす腫れや発赤、痛みや発熱などの症状に効果があります。
抗生物質の中でも抗菌力が強いとされているキノロン系のお薬です。

代表的なもので淋菌、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、ペスト菌、炭疽菌、ブドウ球菌属、腸球菌属、肺炎球菌、そのほかにも、レンサ球菌属、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、コレラ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)などにも効果が期待できます。

具体的な症状として、前立腺肥大症や、膀胱炎、淋病性尿道円等の下半身に関するトラブルから、喉の腫れ、歯肉炎などにも効果的です。

レボクインの服用方法

1日500mgを限度として1~2回に分けて服用する事で、効果を実感する事が出来ます。

レボクインの副作用

レボクインは、比較的少ないとはされていますが、先発医薬品であるクラビット同様の副作用が出る場合があります。

代表的なものとして、発疹やじんましん、下痢、手足のしびれ、けいれん、頭痛、めまい、倦怠感などが挙げられます。
また、ごくまれに集中力の低下や、アキレス腱の痛みなどが起こることもあります。

しかし副作用による重篤な症状の報告はないため、身体トラブルの少ない安心できるお薬です。
ただし、過去に抗生物質でアレルギー症状がみられたである場合は服用しないでください。
また、併用禁忌薬があるため、フェニル酢酸系またはプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬また、クマリン系抗凝固薬(ワルファリン)との併用は避けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ