プロスカー(proscar)

Proscar5

プロスカーとは、フィナステリドを配合している有名なAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。
男性型脱毛症と呼ばれる、AGAによる薄毛を改善するための治療薬です。

フィナステリド成分はもともと、前立腺の治療に使うため開発されていましたが、その後の研究にてAGA、つまり男性型脱毛症に対して効果があることがわかり治療薬として使用されるようになりました。

プロスカーの効果

プロスカー

プロスカーは、男性型脱毛症と呼ばれる、AGA症状に効果的なお薬です。
現在日本国内の医療機関で、AGA治療薬として処方される医薬品の代表はプロペシアであり、AGA症状に悩む男性の多くが服用しています。
しかしAGA治療薬の先発医薬品である「プロペシア」に保険は適用されない上に、継続治療が必要なため、治療費が高額になりがちです。

そこで、開発されたジェネリック医薬品ならば、プロペシアなどの先発医薬品と同様の効果を発てくれます。

プロスカーの服用方法

通常、1mgを1日1回服用します。症状などによって量は変更することができますが多く飲んだからと言って効果が高くなる事はありません。
また、服用時間を毎日同じ時間にすることで、より効果が高くなります。
1日のうちで何時に服用するかを決めておくと良いでしょう。

プロスカーは男性型脱毛症と呼ばれるAGA症状にのみ効果のあるお薬です。
円形脱毛症や、薬剤投与による副作用の脱毛症や、女性の脱毛症には効果はありません。

プロスカーの副作用

プロスカーも医薬品のため、副作用があります。

作用の内容は胃に不快感を感じるようになる、頭痛を起こす、勃起不全、性欲が減退してしまう、などさまざまです。
どれもひどい症状ではなく、服用を継続することによってプロスカーに身体が慣れ、こういった副作用の発生率は5%と低くなります。

しかし、重篤な副作用もあります。それは、妊娠中の女性のお腹の中にいる、男の赤ちゃんへの影響です。

プロスカーの有効成分である、フィナステリドには、妊娠中の女性のお腹にいる男の退治の生殖器に異常をきたすおそれがあります。
妊婦さんや、妊娠の可能性のある女性が、プロスカーを服用することは、大変危険です。
また、成分に触れることすら危険であるとも言われていますので、服用中は周りに妊婦さんや、妊娠の可能性がある人がいないか、じゅうぶん注意しましょう。

プロスカーの注意点

プロスカー服用中は、献血をしてはいけません。

これは、プロスカー服用者の血液中には、プロスカーの成分が血中にも確認されることがあり、成分に触れてはいけない女性に妊婦さんへ血液がいってしまわないようにするためです。
もしも献血をする場合は、血中から成分は確認できなくなるよう、1か月以上服用を中止してください。

また、育毛効果があったからと言って、プロスカーの服用を中止すれば、AGA症状は再び進行していきます。
AGAには根気強い継続治療が大切なのです。/p>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ