トリキュラー21(triquilar21)

トリキュラーは、低容量の避妊用ピルです。

現在日本で最も服用されているピルとも言われるほど、ポピュラーな低容量ピルです。

トリキュラーは、21錠の、容量を3段階にわけた三相性タイプであることが特徴的です。

これは、女性本来の自然なホルモンバランスに近くなるよう、成分が3変化するよう錠剤が作られており、子宮内膜が安定するため不正出血が起こりにくくなります。

黄体ホルモン、卵胞ホルモンの作用により、排卵を抑制し、避妊効果を発揮します。

正しく服用を続ければ、避妊成功率は99.9%以上と、非常に有能な避妊法です。

また、トリキュラーのような避妊薬は、避妊効果だけでなく、生理痛の緩和や、月経前症候群とも呼ばれるPMS症状の軽減にも効果を発揮してくれます。

生理周期をコントロールすることができるので、月経不順に悩む女性にも効果的です。

21日間で1シートの21錠のお薬を飲み終え、7日間服用を休止するのですが、この服用を休止している7日間のあいだに見せかけの月経(消退月経)がやってきます。

トリキュラーの避妊効果

トリキュラーを初めて服用する場合や、休んでいたトリキュラーを再度服用開始する場合、月経初日に新しいシートの1錠目から服用を始めます。
月経初日から、シートの1錠目を服用できた場合は、初日から、避妊効果が期待できます。

もし初日に1錠目が飲めなかった場合は、トリキュラーの服用7日目から避妊効果を期待できます。

トリキュラーの服用方法

月経初日に服用を開始し、毎日同じ時間帯に1錠ずつ服用します。服用開始から、3段階で容量が異なっているため、きちんと説明書を読み、順番を間違えずに服用しましょう。

トリキュラーの場合は、わかりやすいように錠剤が色分けされています。

21日間服用をし続けたら、7日間は服用を休みます。この7日間のあいだに生理がくるので、7日間を終えたらまた服用を開始します。

万が一トリキュラーの服用を忘れてしまった場合、12時間以内でしたら、飲み忘れた錠剤をすぐ服用してください。
次の錠剤はいつもと同じ時間に服用しましょう。飲み忘れても、12時間以内であれば、避妊効果は低下しないので、今後は気をつけて同じ時間に服用をしてください。

飲み忘れから12時間以上、24時間以内に気付いた場合は気づいたときに飲み忘れた錠剤を服用してください。次の錠剤も同じ時間に1錠服用します。
基本的にはそのままきちんと服用を続ければ、妊娠の可能性はほとんどなく避妊効果を期待できますが、念のため2週間ほどコンドームなどの避妊具を併用すると安心です。

24時間以上飲み忘れた場合や、飛ばし飲みをしてしまった場合は避妊効果を期待できなくなるので、一旦ピルの服用を中止し、次の月経を待ちましょう。
次の月経初日からまた新しいシートの1錠目を服用していただければ、避妊効果が戻ってきます。

トリキュラーの副作用

低用量ピルは従来のピルに比べると副作用が軽い、とは言われていますが、全く無いとは言い切れません。

個人差はありますが、不正子宮出血、乳房痛、乳房障害、頭痛、悪心(気持ち悪さ)、吐き気、嘔吐などの胃腸の症状が報告されています。

使用者の、10~50%の人が何らかの副作用をあげています。特に、初めてピルを服用するという人には気持ち悪さなどの副作用が多く報告されています。

しかしこれは2周め、3週めと周期が進むにつれ、副作用の発生は減っていくことがわかっています。

多くの人は2シートめ、3シートめと継続服用することによって身体が慣れて、副作用もなくなってくる場合がほとんどですが、
副作用が強かったり、身体に合わない場合は他の低容量ピルへの変更を検討するべきでしょう。

また、人によって体重が増えた、という人もいます。

トリキュラー服用の注意

トリキュラーの1シートを飲み終わったあとの7日間、消退月経という偽の月経がやってきますが、飲み始めたばかりの人はこなかったり、血液がごく少量しかない、ということもあります。

あまり不安に思わず、毎日同じ時間に1日1錠をきちんと守れていれば、避妊はできていますので、この7日間が終わったらまた新しいシートのお薬を飲み始めて大丈夫です。

トリキュラーは避妊薬であるので、きちんと服用していればほぼ確実に避妊ができます。

しかし、性病・性感染症を予防することはできません。性病・性感染症を予防することができるのはコンドームのみであるということを忘れないでください。

トリキュラーを服用している場合多く報告されるのは飲み忘れです。

特にこの21錠タイプは7日間お薬を飲まない期間があるため、次の新しいシートの1錠目を飲み忘れてしまう例が多く報告されます。

この飲み忘れにより、避妊失敗の確立の9%ほどあるいとわれています。

飲み忘れが心配な場合は7錠の偽薬を足した28錠タイプを服用することをおすすめします。これなら毎日服用をしなければならないので、飲み忘れを防ぐことができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ