バイアグラ(viagra)

バイアグラは世界で一番最初に製品化されたED治療薬です。

発売当初、世界中の男性から「夢の薬」と呼ばれ、またたく間に人気の医薬品となりました。

バイアグラに含まれる有効成分は「シルデナフィル」です。この成分がどのくらい含まれているかで[25mg][50mg][100mg]と呼び名が変わります。

例えば「バイアグラ50mg」の場合、含有しているシルデナフィルクエン酸塩は70.32mgですが、その中の有効成分であるシルデナフィルが50mg含まれているということになります。

ちなみにこのバイアグラの有効成分である「シナデルフィル」、元は狭心症の治療薬として開発を進められていました。

しかしなかなか大きな成果が得られないため、試験を中止し、治験者達から予備の治療薬剤の返却を求めたのですが、なかなか返却をしたがらないのです。

その理由を調査してみると、勃起を補助する作用があるためだということが判明し、人類史上初のED治療薬が誕生しました。

バイアグラの使用方法

・空腹時に服用すること。
 食後服用すると、効果の発現時間が遅れたり、効果が充分に発揮されないことがあります。

 食事をする場合は、食事の前に服用し、身体に成分を吸収させれば、食事も問題ありません。

 やむを得ず食後に服用する場合は、2時間ほど時間をおいてから服用することをおすすめします。

・性行為の30分~1時間前を目安に服用すること。

 作用時間は4~5時間程度です。

・服用は、水、またはお茶、清涼飲料水でも問題ありません。

 ただし、牛乳などの脂肪分を含む飲料は薬の吸収を妨げるため効果的ではありません。

・アルコールでの服用も大丈夫ですが、一定以上飲み過ぎると逆効果になってしまうので、飲み過ぎには注意しましょう。

・1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上あけてください。

バイアグラの副作用

・「顔のほてり」や「目の充血」

 これは、バイアグラの血管拡張作用のため、お酒を飲んだ時のような「顔のほてり」「目の充血」がどうしても出てしまいます。

 「顔のほてり」や「目の充血」という副作用はほとんどの方にありますので、あまり心配せずに効果の発現の合図として捉えると良いかと思います。

・「血圧の低下」

 バイアグラの血管拡張作用により、血圧も2~3ほど下がります。

 血圧を下げる薬などを服用している方は、血圧が下がりすぎて危険な状態になってしまうことがあります。気をつけて服用しましょう。

その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や、光に過敏になり色が変化して見えたりすることなどもありますが、作用している4~6時間で症状がおさまるようであれば、あまり気にしなくても大丈夫です。

どうしても気になる症状が現れた場合にはただちに服用を中止してください。

また、バイアグラはいわゆる精力剤や、媚薬のようなものと違い、性的な興奮を増大させることはありません。あくまで血流を改善して、勃起をサポートするものです。

バイアグラの購入について

バイアグラは世界で1番有名なED治療薬です。

レビトラや、シアリスなど、バイアグラの欠点を補うものや、ジェネリック医薬品などもたくさんありませが、それでもまだまだそのネームバリューから、バイアグラの人気は高いのです。

しかしその人気を利用して、ニセモノが多く出回っているのも事実です。

バイアグラなどのED治療薬は保険適用外であり、処方せんも必要がないため、医療機関にわざわざ行かず、個人輸入代行サイトなどを利用しれば通販でも購入することができます。

その場合大抵医療機関で購入するよりも安価に購入することができます。

しかしあまりにも安価な価格で販売しているものはニセモノの可能性があります。

きちんと正規品を取り扱っている、安心できる通販サイトを利用しましょう。

また、ニセモノの正規品が心配、という場合は、バイアグラのジェネリック医薬品を買ってしまうほうが更に安価で安心な場合もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ