ヤスミン(yasmin)

yasmin

ヤスミンは、海外で研究・発表された新タイプの低用量ピルであり、第4世代ピルとの呼び名もあります。
従来のピルと比較した場合、ホルモンのバランス変化に伴う体重の増加や浮腫み、ニキビなどといった副作用を抑止するという大きな特徴を持っています。

副作用の影響によって従来のピルを諦めていた方も試しやすいピルです。

ヤスミンの効果

ヤスミンがほかのピルと違うのは、体重増加やむくみ、肌荒れといった副作用が出にくいという点です。

もちろん避妊薬としても、飲み忘れさえなければ、コンドーム以上の避妊効果が期待できます。

さらに、このヤスミンは一相性ピルと呼ばれるもので、1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン含有量が一定のため、服用が容易です。
トリキュラーなどはホルモン量が3段階に変化しますが、ヤスミンは変化がないため、飲み間違えもありません。

ヤスミンの服用方法

ヤスミン服用の方法は、月経開始日に服用を始め、その翌日以降も極力同じ時刻になる様に心掛けて1日につき1錠を21日間に渡って服用して下さい。
服用を続けるにあたっては、7日間服用を止め、次の服用をスタートさせます。

ヤスミンを服用の際は、医師の指示通り服用をしてください。
ヤスミンは国内では医師の処方が必要な要指示薬です。ヤスミンの説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。
従って、ヤスミンの輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師への相談を仰ぎましょう。

ヤスミンの副作用

ヤスミンは超低用量ピルのため、副作用は比較的少なくなっています。
しかし、それでもまれに胸痛や頭痛・突発性の息切れ・胃腹部痛などの症状が出る場合があります。
その場合は医師の診断を受けましょう。

また、喫煙習慣のある方や40歳以上の方、高血圧、心臓・肝臓病などの持病がある方は事前に医師への相談が必要です。
これはヤスミンに限らず、どのピルにも血液の粘度を高める作用があるため、血栓症のリスクがあります。
喫煙習慣のある人がピルを服用すると、血栓症により、最悪死亡してしまうこともありますので、気を付けてください。

ヤスミンの購入

yasmin_ger_india_l

ヤスミンは、医療機関で処方してもらうか、個人輸入代行サイトで購入できます。

しかしヤスミンには併用禁忌薬や、喫煙者など服用できない人もいるため、一度医師の診断を受けてから服用するのが望ましいと言えるでしょう。
一度医師の診断を受け、ヤーズや、ヤスミンを処方され、今後も継続服用をするならば、個人輸入代行サイトで購入する、という方法がおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ