ゾビラックス(zovirax)

zovirax

ゾビラックスはヘルペス症状の治療薬バルトレックスのジェネリックです。
水疱瘡の治療のため、ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。

新薬と同じ成分、安全性で作られ、同様の効果が期待される上に、安価です。
ゾビラックス800mgの有効成分はアクシロビルです。
アシクロビルはヘルペスウイルスのDNA合成を阻害し、ウイルスの増殖を抑える効果があります。

標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬で飲み薬のほか、塗り薬や注射薬などがあります。

ゾビラックスの効果

そもそも、このヘルペスや、水疱瘡の原因となるウイルスとは、細胞を利用し、自己を複製することができる構造体で、細胞とは異なりタンパク質の合成を行わない特徴があります。
ヘルペスウイルスは細胞より小さく他の生物内で繁殖するウィルスで、皮膚や粘膜に痛みを生じる水膨れを生成します。
ゾビラックスは、そういったウイルスの活動を抑える効果があります。

唇や性器ヘルペスなどの単純疱疹や帯状疱疹等に用います。
早い段階での治療により症状の悪化を未然に防ぐことができるため、早期完治につながります。

ゾビラックスの服用方法

経口タイプの場合、1日に5回、4時間おきに服用してください。
また、服用の際には水の量を多めにすると良いと言われています。
単純疱疹(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)の場合は1錠ずつを服用してください。
帯状疱疹の場合は4錠ずつを服用してください。
また、ジュースやヨーグルト等と混ぜて服用しても問題が無いので、お子さんにも嫌がる事なく服用して頂けます。

症状が治まった場合も、1週間ほど継続して服用し続けることで、再発を防ぐことができます。

軟膏タイプ、経口タイプとありますが、効果が強く出るのは経口タイプといわれています。
軟膏タイプは副作用が出にくい、などそれぞれ一長一短ありますので、症状によって使い分けましょう。

ヘルペスウイルスは、一度感染してしまうと関節などに潜伏し、免疫力が下がったときに再発してしまう厄介なウイルスです。
再発予防のためには、かゆみや、痛みを感じてすぐにゾビラックスを服用することで、それ以上の症状の悪化を防ぐことができます。

ゾビラックスの副作用

ゾビラックスの服用に際して、持病やアレルギー、妊娠中である場合は医師に伝える必要があります。

副作用はあまり起きませんが、過量になると気持ち悪くなったり、手足のしびれが起きることもあります。
また胃薬のシメチジンなどとの薬の飲み合わせによっては副作用が発生しやすくなります。

飲み薬の他にも塗り薬や注射薬などもあるので症状によって使い分けましょう。

まれに意識障害などを引き起こす可能性があるので、車の運転や高所での作業をする場合は注意が必要です。

ゾビラックスの購入について

ゾビラックスは、医療機関で処方してもらうか、個人輸入代行サイトで購入できます。

もともとバルトレックスのジェネリック医薬品のため、他の抗ウイルス剤に比べると安価に購入することができます。

ヘルペスを一度発症していて、再発予防などのために持っておくと便利なお薬です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ